節約術

家電の値下げ交渉

2020年5月24日

  1. HOME >
  2. 節約術 >

家電の値下げ交渉

2020年5月24日

今回は、家電を購入する際の値下げ交渉についてお伝えします。

ぶた君
値下げ交渉ってちょっと恥ずかしいしハードルが高いからやったことないな~。
ぷん子
一度値下げ交渉をしてみるとハードルも下がってくるからぜひ今日の内容を読んでトライしてみてね

 

同棲に必要な家電とは

まずは、同棲に必要な家電を出していきましょう。

最低限必要な家電

1.冷蔵庫

2.洗濯機

3.ガスレンジ

4 .掃除機

5.各部屋の電気

6.ドライヤー

あったらいいもの

1.オーブントースター(うちは、2人ともご飯派だったので、必須ではなかったです。)

2.アイロン(会社に着ていく服装によっては必須ですね。)

3.コーヒーメーカー(これは本当にプラスアルファなので、うちは同棲して5か月後に購入しました。)

4.部屋に備え付きの冷暖房設備以外のもの(例えばストーブや洗濯機)

最低限必要な家電のうち、購入する家電を決める

最低限必要な家電のうち、同棲することで新しく購入するものを決めていきます。値段もどのようなものを購入するかで変わってきますね。2人とも一人暮らしの場合は、どちらか一方が一人暮らしの場合は、新しく購入する家電がない場合もありますが、どうせならこの際、新しく購入しよう!となることもあるので、まずは2人で話しあいましょう。

ちなみに同棲のタイミングで買い替えをおすすめする家電はずばり「冷蔵庫」です。一人暮らしだった場合、冷蔵庫は大半の人が持っていると思いますが、一人暮らし用の冷蔵庫は、2人で使用するには、思った以上に小さいです。2人用の冷蔵庫があれば作り置きも出来るし、料理のバリエーションも増えますよ~。2人用としておすすめのサイズは300リットル以上のものなので、参考にしてみてください。

家電の値下げ交渉とは

購入したい家電を2人で決めたら、さあ実際の値下げ交渉をしていきましょう!以下に手順をまとめています。

交渉の手順

購入したい家電をネットで調べる

まずは、量販店に行く前に、購入したい商品を価格ドットコムなどを利用し、ネットでの販売価格を調べます。

調べた値段をスクリーンショットとってスマホに保存しておく

価格ドットコムで調べた値段をスクリーンショットで撮っておきましょう。その際にどこのお店なのかわかるようにしておくと、よいですよ◎

近くの家電量販店に行き値段を確認

スクリーンショットをとって下調べまで出来たら実店舗へ行きます。家の近くの家電量販店にいきましょう。

店員さんに声をかけて情報収集

お目当ての商品があったら、店員さんに声をかけながら、情報収集をします。自分がほしいと思っている商品が本当に購入するに値するものなのか確認しておきましょう。

迷っている商品があれば、おすすめのほうを聞いてみるのもありです!家電を購入する際は、事前にある程度目星をつけていきますが、定員さんの話を聞いて購入する商品を変更することがたまにあります。

値段交渉を進める

いよいよ、購入したい商品を決めたら、値段交渉に進みます。値段交渉の際にポイントは、ずばり!「恥ずかしがらないこと」です。

基本的にはお店の方も買ってほしいと思っているので、想像以上に値段交渉はスムーズにいきます。

まずは、購入の意思があるけど、予算より高いということを伝えましょう。

(1)すんなり値下げしてくれた場合

すぐに値下げしてくれた場合(この場合がけっこう,あります!)自分が納得できた場合は購入しましょう。(その際のポイントは事前にネットで調べた金額と同定度の場合は、購入を決めてよいと思います。)

 

(2)値下げが難しいといわれた場合

基本的には、お店側も買ってほしいと思っているので、値下げ交渉した場合に何かしたら、行動してくれる場合が多いですが、新商品や人気商品の場合、この金額が精いっぱいですと言われることがあります。

値引きが難しいと言われても、すぐに落ち込むことはありません。値下げ交渉までしてきたということは、このお客さんは今日買ってくれる可能性が高いと思われているので、あちらも出来れば買ってほしいと思っています。値引きの代わりに、ポイントアップや粗品プレゼントなどを提案してくれる場合が多いです。それでもやはり現金値引きしてほしいのがこちらの思いですよね。それでは、次の方法をお伝えします。

あらかじめリサーチしていたネット店舗の値段を伝える

家電量販店では、他店より1円でも高ければ値下げしますと言っているお店が多いです。もし値下げが難しいと言われた場合は、あらかじめリサーチし、スクリーンショットをとっていたネット店舗のお店の値段をつたてみましょう。ここで注意なのは、家電量販店の場合、ネットでいくら安く売っていたとしても、あくまでもネット販売の値段のため、ネット店舗と同じ金額まで下げてくれるというわけではないという点です。実際に、私もスクリーンショットを見せて、値段交渉をしましたが、ネット店舗と実店舗では、同じ家電量販店という認識はないので、ネット店舗と同じ金額にはできないと言われたことがあります。それでも、実際の多店舗の金額を見せることで、ネット店舗と同じ金額とまではいかなくとも、値下げしてくれたり、ポイント数を上げてくれたことがありました。

値下げ交渉のポイント

恥ずかしがらない

予算と合わないことを早めに伝える

家電を複数購入する予定の場合、まとめ買いでさらに安くならないか交渉する

ぶた君
値下げ交渉、自分もできる気がしてきた~今度やってみるぞ!
ぷん子
はじめは気合がいるかもしれないけど、一度はじめたらやらなきゃ損!と思えるのでまずは勇気をだしてやってみてね~。レッツ節約!

-節約術

Copyright© ぷん子ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.